未知なる挑戦に向けて

IT産業の発展は正に先進国が総力を挙げてのこれからの新たな時代に先駆けての皆の結集した努力の結果であります。

今や情報化社会がものをいう時代に変化していってグローバル社会の典型だとも感じています。情報を扱うということはインターネットを主体として世界中と繋がるわけですから際限が無くなる分だけ無限の可能性も付随してくるのです。

世界中との連携はまるで算数の掛け算のように、見知らぬ内に次々と新たな伸び代が作られるように、更に目の前に用意された可能性の領域には人類が踏み出すべき前人未到の地があたかも約束されていくかの如くに私達の想定する発展性の想像を遥かに上回るからです。その想像力を凌ぐ可能性に向けて人類が歩みだしたIT革命は夢と希望の集合体なのです。

そうしたロマンを追い求める人類はとても生き生きとしていて物事に対しての発展に向けての躍動感は人類の未知なる進化系の憧れを抱いている所以なのでありましょう。

そうした世界との繋がりでインドに注目を集めています。今日のインドのソフトウェア・サービス市場は軒並みの著しい伸びを示しています。日本が他国の先進国に追い抜かれたことに対してのポジティブな考えとして従来では、当然追い抜いた国に打ち勝つために新たなスタートを切ることが主流であったような気がします。そうして張り合うことによって産業の向上へと喚起させていくことになるのです。今日の情勢では我国を凌いだ国と提携して同じ産業の更なる発展が現実的であるようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です